腎臓病食なら宅配サービスを活用しよう|食事のケアが楽になる

たんぱく質と塩分を抑える

看護師

分量を控える

腎臓は、身体に溜まった不要物や酸を、尿に変えて外に排出する役割を持っています。腎臓病で腎臓機能が低下すると、不要物を流すことが出来なくなり身体に影響を与えます。腎臓病は早めに発見し、治療を行うことが必要です。腎臓病の治療や予防策として、食事療法が利用されます。腎臓病の食事療法で大切なことは、たんぱく質と塩分を控えることです。特にたんぱく質は、一度体内に入ると分解され老廃物となります。尿に変換されにくい成分のため、腎臓に大きな負担をかけます。機能が低下している腎臓は、たんぱく質や塩分、糖分を控え労ってあげることが大事です。注意するべき点は、たんぱく質や塩分、糖分は身体に必要な栄養素なので、断絶しないようにしましょう。適切な量を食事で取ることが大切です。

ネットや宅配の利用

食事療法といっても、医師から言われる食事を毎日作るのは大変です。また、塩分や糖分を控えることは、今までの味つけを変える必要があります。料理好きな方でも、栄養バランスを考えて味つけにも気を配らなければならないとなると、毎日の献立作りは難しいものです。最近では、腎臓病食を家まで宅配してくれるサービスがあり、多く利用されています。また、ネットにはレシピサイトも豊富で、腎臓病に効果的な材料や味つけなど掲載されています。全てを自分でやらずに、こういったサービスを利用すると効率良く食事療法が行えます。病気を起こした時の食事は、健康な時の食事より気を遣うことが必要です。栄養も摂り過ぎれば身体に影響を与え、病気を引き起こします。腎臓に過大な負担をかけない食事を心がけましょう。